ABOUT US




RitsBLOHとは?


 私たち立命館大学登録団体Rits BLOHは、人々の生活環境の改善を通じて、世界の貧困問題の解決に向け日々活動している国際NGOサークルです。

 主な活動は、世界100カ国で貧困層の人々に丈夫で適切な住居を提供しているNGO団体Habitat For Humanity Internationalの理念に賛同し学生支部として参加する、@途上国での住居建設ワークキャンプ(Global Village Work Camp:GV)Aフィリピンのバセコ地区地域開発(ユースGV)、また、B学校プレゼンテーションCSALTプロジェクトDSOIN-JAPANがあります。

 Habitat for Humanity Internationalの日本オフィスである、Habitat for Humanity JapanのHPはこちら



理念


私たち立命館大学国際NGOサークルRits BLOHは、人々の生活環境改善のためのアプローチを通じて対等な人間関係による共生の輪を築き、貧困に対する自身及び社会の意識を高めることを目指す。


年間目標(2009年度)


基盤の強化(きばんのきょうか)」


<過去の年間目標>
―2007年度
「ALL IN ONE 〜一人一人が主体性をもち、一丸となってRitsBLOHを作り上げよう〜」

・多方面から学ぼう!
・仲良くなるための企画を充実させよう!
・RitsBLOHの活動を学内外に発信しよう!

<幹部所信表明>
2007年度RitsBLOH幹部、『所信表明』(2006年11月)
2007年度RitsBLOH幹部、『所信表明・Part2』(2007年9月)
2008年度RitsBLOH幹部候補者、『所信表明』(2007年11月)
2008年度RitsBLOH幹部発足(2007年11月14日)
2009年度RitsBLOH幹部候補者、『所信表明』(2008年10月)
2009年度RitsBLOH幹部が発足しました(2008年11月5日)
2010年度RitsBLOH幹部候補者、『所信表明』(2009年10月)
2011年度RitsBLOH幹部候補者、『所信表明』(2010年11月)


歴史


2001年末、メンバーを集め始める
2002年4月より本格的に活動開始

<2002年>
6月  「フィリピンの貧困」講演会(@衣笠セミナーハウス)
      講師:アジア文化交流センター(ACCE)事務局長 森脇さん
8月   フィリピンGV (8/5-8/16 @Western Batangas)
11月 学園祭にて写真展 「ngiti 〜笑顔のある場所〜」
12月 「スリランカについて」講演会(@衣笠セミナーハウス)
      講師:国際協力事業団つくばセンター所長 狩野良昭さん


<2003年>
1月   用海小学校プレゼンテーション(兵庫県)    
      「スモーキーマウンテン(フィリピン)について」
2月    スリランカGV (2/18-3/3 @Wattala/Ja-ela)
8月    フィリピンGV (8/16-9/4 @Upland Cavite)
10月  太秦小学校プレゼンテーション(京都市)
      「世界に目を向けよう」〜バナナと日本人より〜
11月  王子小学校プレゼンテーション(兵庫県)    
      「私たちにできることはなんだろう」
     学園祭にて写真展「So Many Colors」


<2004年>
2月   スリランカGV (2/26-3/17 @Nuwaraeliya)
7月   立命館大学にてNGOサークル合同写真展@ゆんげ    
       「地球家族」〜ボクらが見てきた世界〜
8月   インドGV(8/23-9/11 @Nalgonda HFH)
11月  学園祭にて写真展 「僕らの見てきたインド」


<2005年>
1月  用海小学校プレゼンテーション(兵庫県)
      「世界中の誰とでも友達になれる」
2月  彼方小学校プレゼンテーション(大阪府)
      「インド」
    立命館宇治高校プレゼンテーション(京都府)
      「Habitatについて」
    フィリピンGV(2/19-3/8 @Las Pinas HFH)
5月  新歓写真展 「Let's RitsHabitat」
6月  JCC合宿を主催
    津門小学校プレゼンテーション(兵庫県)
      「世界中の誰とでも友達になれる」
7月  ニューカマー企画
8月  インドGV(@Cuttack HFH)
    フィリピンGV(@Baseco HFH)
10月 長尾小学校プレゼンテーション(大阪府)     
     「国際交流」「違いの尊重」「世界の現実」
11月 学園祭にて写真展「Sign」/模擬店・揚げバナナ/フリマ
12月 彼方小学校プレゼンテーション(大阪府)


<2006年>
2月  用海小学校プレゼンテーション(兵庫県)
    高木小学校プレゼンテーション(兵庫県)
    スリランカGV(2/26-3/14 @matale)
3月  フィリピン1stYouth GV(3/11-3/22 @BASECO)
5月  新歓写真展 「つながLink〜Rits Habitat写真展〜」(5/8-5/9)
    団体名称、「Rits BLOH」に変更
6月 3回生企画 @ BKC
    JCC合宿(6/17-6/18)
    JCC合同企画 レイテ島地すべり被害支援募金
7月  クラブMETROでチャリティーイベント
    椿井小学校プレゼンテーション(奈良県)
     「識字問題」と「貧困のサイクル」
8月  フィリピン2ndYouthGV(8/17-28 @BASECO)
    インドGV(8/29-9/16 @カンニャークマリ)  
11月 高木小学校プレゼンテーション(兵庫県)
    BKC学園祭にて模擬店
    衣笠学園祭にて写真展「RitsBLOH活動報告写真展」 


<2007年>
1月  国際関係学部助教授・本名先生講演会
    4回生企画 
2月  SALTスタディーツアー(2/14-2/21 @フィリピン)
    タイGV (2/19-3/8 @Rayong) 
    フィリピン3rdYouthGV(2/23-3/6 @BASECO)
3月  春合宿@信太山
4月  新入生歓迎企画(説明会・遠足)
5月  新歓写真展 「RitsBLOH活動報告写真展〜あなたに届け、BLOHの風〜」
6月  立命館宇治学校プレゼンテーション(6/11〜14)
     3回生企画@学内(3回生による世界の諸問題を考える企画)
7月  ニューカマー企画(今年入ったメンバーによる交流企画)
8月  フィリピン4thYouthGV(8/16〜8/27@カローカン他)
9月  フィリピンGV(9/3〜9/15@ナガ)
    SALTスタディーツアー(9/13〜9/17@マニラ他)
    夏合宿@明石市立青少年自然の家
10月 HOT STEP(貧困問題を社会に伝えるための四条界隅でのパレード、円山公園音楽堂でのイベント)
    STAND UP SPEAK OUTキャンペーンに参加(17日)
11月 立命館宇治高校プレゼンテーション(9,11,23日)
    定例総会
    学園祭2007 写真展「RitsBLOH 活動報告写真展」、模擬店「ふるふる軟骨〜RitsBLOH 風味〜」、
    フリーマーケット
    「国内貧困プロジェクト」が「SOIN JAPAN」に改名
12月 JCC合宿(12/1〜2)@交野グリーンヴィレッジ
    JCC合同企画「Uchi-Cafe」(12/12〜15)@Bazaar-Cafe


<2008年>
1月  SALT写真展「THE LIVES」(1/9〜14)@京都国際交流会館
    4回生企画(1/31)@東山青少年センター
2月  One World Festivalに出展(2/2,3)@大阪国際交流センター
    長尾小学校プレゼンテーション(大阪府)
    SALTスタディーツアー(2/8〜14)@フィリピン、マニラ他
    久世中学校プレゼンテーションbySALT(京都府)
    バングラデシュGV(2/25〜3/13)@マイメンシン
    フィリピン5thYouthGV(2/29〜2/14)@パサイ
3月  NGO団体アクセス・GETチームによる国際協力イベント「フィリピンDAY」にフリマを出店(3/2)

規約


施行:第1回Rits Habitat総会
改正:
第五条、第十七条、第二十二条、2004年10月27日臨時総会において
第二条、第十四条、第十六条、第二十三条、2005年11月2日定例総会において
第四条、第十七条、第十八条、第十九条、2006年11月15日臨時総会において
第四条、第五条、第十七条、第二十四条、2009年4月16日臨時総会において
追加:
第二十四条、第二十五条、2006年11月15日臨時総会において
第十七条一部、2009年4月16日臨時総会において

総則
第一条
本会は、Rits BLOHと称する。
第二条
本会の会員たる資格は、本会の登録用紙を提出し、年会費を支払う意思のあるものとする。
第三条
本会は意思決定機関に、総会、幹部会、通常ミーティング(以下MTと称す)を持つ。
第四条
@総会は最高の意思決定機関であり、全会員によって構成される。
A総会は名称・会員資格などの本規約の改正を行なう場合、ならびに幹部委員の決定を行なう場合に開催される。
B幹部決定にともなう信任決議をとる場は、総会定例会議に限る。また選挙を行う場合、それを実施する場も総会定例会議に限る。ただし幹部人数の不足により再度幹部決定の場が必要となる場合は総会臨時会議にてこれを行う。
第五条
総会の定例会議は年に一度、十月もしくは十一月に招集される。
第六条
総会の臨時会議は幹部会およびMTが必要と認める時に招集される。
第七条
総会は公示されなければならない。
第八条
総会は構成員の過半数の出席により成立する。
第九条
総会は、本規約を改正する場合を除いて、出席者の過半数の賛成によって議決され、賛否同数の時は議長の決するところによる。
第十条
総会に欠席する場合は、委任状を総会前に議長に提出すること。委任状の提出なき場合は、総会の議決権を消失する。

通常ミーティング(以下MTと称する)
第十一条
@MTは、本規約により総会の議決が必要とされる事項以外の全ての事項について決定することができる。
AMTは当会の理念に関する認識を深める場であり、相互の親睦を深め、自由に討論する場である。
第十二条
MTは全会員によって構成される。
第十三条
MTの議決は出席者の多数の賛成により成立し、賛否同数の時は議長の決するところによる。
第十四条
MTは、定期的に招集される。ただし幹部会もしくはMTの議決により、当該MTの変更を加えることができる。

幹部委員
第十五条
@幹部委員は本規約の定めに従い、本会の運営に必要な職務を行なう。
A幹部委員は、MTの監督に服する。
第十六条
@幹部委員は会長、副会長、会計、主務、JCC係、および総会にて必要と承認された役員により構成される。
A前項の規定は、幹部会への自由な参加を妨げるものではない。
第十七条
幹部会の各役員は、総会において信任投票による信任決議をもって決定され、その任期は総会後から翌年度の総会の幹部交代までとする。 但し、その任期において不在期間がある場合であっても、それを補う対応策を採るのであれば、これに限らない。
また、毎年立候補者募集前に幹部会の構成人数を定め、総会臨時会議において承認をとる。但し、副会長の人数は一人以上の最大人数を定めることとする。総会定例会議後、役職に欠員が出た場合に行う再募集は一度限りとする。再募集の際、不信任を受けた者、落選したものの再立候補は可とする。再募集の結果、欠員のある役職が存在する場合は総会定例会議で承認を得た幹部委員のみで職務を行うこととする。
第十八条
@会長は、幹部会および本会を代表する。
A会長は、総会及びMTの議長を兼任する。
B前項の規定は、総会及びMTがその議長を選任することを妨げるものではない。
第十九条
副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時は、その職務を会長が不在の間遂行する。
第二十条
会計は本会の財産を管理する。ただし、会員から会費・その他費用を徴収する時はMTの承認を必要とする。
第二十一条
幹部会の決議は、幹部の過半数の出席時において、多数の賛成により決する。同数の場合は議長の決するところによる。

改正
第二十二条
@本規約の改正は、総会において出席者の三分の二以上の賛成を必要とする。
A承認の手続を経て改正された条文は、その時をもって効力を発する。

OB・OG会
第二十三条
@OB・OG会の会員たる資格は、OB・OG会登録用紙を提出した者とする。
A脱会を希望する者は、その旨を幹部会に伝える。

幹部委員への立候補
第二十四条 
@幹部委員に立候補する権利は、RitsBLOH全ての会員に与えられる。
A立候補は、選挙管理委員に所信表明を提出することで認められる。
B諸事情により、任期中に不在期間が生じる場合は、当該立候補者がその旨と不在期間の対応策を明示しなければならない。

幹部委員の不在期間対応策
 不在期間の具体的な対応策に関しては、特に規定はしない。
→但し対応策として代行または兼任を採る場合は、以下の条項に従う。
第二十五条
@代行とは、不在期間に幹部ではない者が不在者の職務を代理して遂行することである。
代行を行う者は、立候補者の所信表明に則り、職務を遂行する。但し、所信表明に明示されていない点に関しては、代行者の判断に委ねられる。所信表明は、代行を依頼する立候補者のみが明示し、その代行者の承認は、当該立候補者が受ける投票により判断される。
A兼任とは、不在期間に他の幹部委員が不在者の職務を代理して遂行することである。
兼任を行う者は、立候補者の所信表明に則り、職務を遂行する。但し、所信表明に明示されていない点に関しては、兼任者の判断に委ねられる。所信表明は、兼任を依頼する立候補者のみが明示し、その兼任者の承認は、当該立候補者が受ける投票により判断される。


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー