2007年度幹部所信表明part2 (2007年9月)




会長・中山遥


  幹部の任期も半分以上が過ぎ、夏休みが終わって少ししたら幹部交代…あっという間にここまで来たなぁという感じです。そこで前期の終了と合わせて一度これまでを振り返り、残りの任期における幹部一人ひとり、そしてこれからのリツブロをよりよいものにするため、そしてよりよい形で新幹部に引き継ぎが行えるよう、所信表明第二弾を出させていただくことにしました。

  これまでの会長としての自分自身を振り返るため、10ヶ月前に出した所信表明を読み返し、反省と今後の目標を考えてみました。私が思い描く会長像―「みんなにとって身近な存在であること」、これはまだまだ心がけが必要だと思います。特に三回生になってからは、自分自身の仕事や目の前の事で精一杯になることが多く、メンバー一人ひとりとのコミュニケーションを十分に持てない、メンバーや他の幹部が負っている負担や抱えている不安や悩みになかなか気付けない、気付けていてもそれに対して何もできていない、ということがありました。仕事の分散をうまく行い、やるべきことに優先順位をつけ、全体の把握やそれらの改善、周りのサポートができる余裕を最後まで持ち続けたいと思います。

  「全体ミーティング」はこれまで以上に工夫していくつもりです。メンバー一人ひとりのミーティングに対する思いは違うし、正解も間違いもないので、常に変化や新鮮さを忘れず、メンバーの意見を組み込んだミーティング作りをしていきたいと思います。 どれだけメンバーの人数が増えても、一人ひとりのサークルにおける重要度は同じです。あの子は今こんな活動をしている、今あの子はリツブロのために頑張ってくれている、あの子最近元気ないなぁ、そんな風に、リツブロを想うとき一人ひとりの顔が思い浮かぶような関係をサークル全体で作っていきたいです。顔の見える関係が、サークルのみならず、個々の活動をよりよいものにしていくと思います。


副会長・有南未穂


 どうも、ありなみです。

 この所信表明を書くにあたって、幹部になってからのことを思い返してみましたが、あっという間としか言いようがないくらい短くて内容の濃い時間だったと思います。しかしやはり自分の至らない部分ばかりが感じられ、幹部としてしっかりと役目を果たせていないままで皆さんの前に幹部として立つことはとても心苦しく感じていました。私自身の気持ちは、幹部になりたいと思った時から変わっていません。微力であることは分かっていますが、少しでも誰かの何かの役に立ちたい、という思いです。しかし昨年から今までを振り返ると、やはり何もできていないような気がするし、もっと何かできるような気がして、まだまだ課題の多さを感じています。残り少ない任期の間、少しでも何かをBLOHやそれを通しての活動で誰かに還元できるよう精一杯活動することが、私の出来る限りだと思っています。

 とか何だか言葉が堅苦しい上ですが、至らない自分なりに精一杯何かができるように頑張りたいと思っています。MTの時に笑う以外にももっと何かできないか、自分自身の課題も見つめながら残りの任期を果たしたいです。

 そして最後になってしまいましたが、沢山意見をくれてありがとう。真剣に厳しい指摘をくれる人もいて燃えました。嬉しかった。これからも頑張ります。

副会長・大坪綾奈


 副会長の大坪綾奈です。

 副会長という役職に就いてから残すところあともう約3ヶ月となり、留学先で書いた所信表明を改めて読み返してみると本当に時の早さを感じます。今までの幹部の活動において、全体MT、新歓、各企画など様々なことに携わってきました。元気いっぱいのニューカマーも加わって、本当にたくさんのメンバーと関わりながら活動できたことに、嬉しさを感じると同時に、反省点もたくさんあります。以下に前回の所信表明とその反省点をふまえて、これからどのように活動していきたいのか、述べたいと思います。

 まず、リツブロの団体としての基盤づくり。所信表明では長期的な視点でリツブロをみること、また他とのつながりを大切にしたいと述べました。全体MTにおいて他団体の人に参加してもらったり、また今後10月に行うGETとの合同パレードとイベントや12月のJCC外部企画チャリティーイベントなど、より新たなつながりを活かすことができるのではないかと考えています。そのような場において重要なのはメンバーみんなが取り組みやすい環境。全体に活かせる環境づくりにもっと努めていきたいと思います。次に、情報の共有、inputとoutput。全体MTでは、諸連絡をはじめイベントの還元なども行い、メンバーがリツブロ内のプロジェクトやその他の活動を知る機会は増えたのではないでしょうか。でも多様な活動、メンバーゆえに改善はまだまだ必要だと思います。全体MTの運営を中心に考えていきたいと思います。

 リツブロがあってメンバーがいるのではなく、今のいろんなメンバーが集まってリツブロを成してる。文章にしたら当たり前のように聞こえがちですが、このことを本当に実感しています。リツブロは「生きてる」んだなぁって思います。任期終了までの残りの期間、もっともっとメンバーと仲良くなりたい、一人ひとりと接し、みんなでリツブロを作りたい、そう強く思います。またそれだけではなく、その変化し続けるリツブロとその活動を長期的な視点でしっかりと見つめたいと思います。OBOGとのつながり、リツブロの活動の記録、各プロジェクトの把握、、、まだまだ未熟な副会長ですが、頑張ります。よろしくお願いします。


会計・大西由訓


 会計の大西由訓です。

 任期のうちの9ヶ月を振り返り、残りの3ヶ月で何をするか述べたいです。まずは所信表明で述べた、開かれたユースGV、紙の無駄をなくす、財務的会計について振り返ります。ユースGVはだいぶ開けたと思います。レジュメをノート化することは効率的にできませんでしたが、裏紙を利用するという工夫はしています。BLOHに多く関わった人にBLOHのお金が多く使われるためのプロジェクト別予算案が4月に採択され、会計が事後処理だけでなく使い道を決める財務的になってきたと思います。

 反省点と課題を述べます。反省点としては、会費の取立てを厳しくして来なかった結果、会費の徴収率が悪いです。私の怠慢です、すいません。不公平をなくすため、残りの3ヶ月で徴収しようと思います。課題として以下に3点述べます。@JCC外部企画やGET合同パレードといった外のイベントに、全体会計からお金を出してよいのか考える必要があるため、幹部で案を作って全体MTに持って来ようと思います。A一回生を中心に昨年後期の会計報告をもらってない人がいるので、HPに会計報告をアップしようかなと思います。B会員が増え、全体会計にお金があり過ぎている現状です。後期の使い道を考えたり、来年の会費を見直したり、次期会計と話したいです。

 会計としては以上です。幹部としては、もっと緊張感のあるサークルにしたいです。楽しみつつも国際NGOであるという自覚を忘れず、メリハリつけたいです。幹部は正直しんどいです。それでも貧困をなくすためにBLOHの幹部としてやれることをあと3ヶ月精一杯やります。今後ともよろしくお願いします。一回生にどれだけエネルギーがあろうと、BLOHいち熱い男の称号は譲りませぬ。

主務・原田ミル


 こんにちは、文学部2回生主務の原田ミルです。今回の所信表明vol.2ではこれまでの反省をふまえつつ、これからの改善点や意気込みについて述べさせていただきたいと思います。

 まず、幹部評価アンケートで「主務の仕事内容がわからない」という意見がいくつかあったのでそれに回答させていただきます。主務の仕事は、メンバーとMLの管理、MTの部屋取り、MTの議事録を取ること、などです。簡単に言えば雑務です。ですので、上述した仕事内容以外は自分で探して行っていくことになります。今までの自分の役割を振り返ってみてまず挙げられる反省点はMTの議事録についてです。自身がMTに参加できない時期が重なったこともあり、議事録をHP上にアップできていませんでした。MTに来られなかった人にとってHP上でのMT内容は大切なツールであると思うので、その点を深く反省するとともに、後期からは毎回更新していきたいと思います。

 また、私は所信表明において、様々な意気込みや目標といったものを述べさせていただきましたが、実際に幹部になってみると日々の仕事に追われて、当初の想いや意気込みを蔑ろにしてしまっていたように思います。やはり、より良いサークルを作っていくためには、その根底に人間関係をしっかりと作る必要があると今改めて感じています。それは幹部内でもサークル内外でもいえることです。残された任期期間、自分の役割をしっかりと果たしながら、当初の気持ちと根底にある人間関係の大切さとを忘れずに精一杯活動していこうと思っている次第です。短いですが、以上で私の所信表明vol.2とさせていただきます。ありがとうございました。

JCC係・阿部梨紗


 こんにちは!早いもので後期、残すところ任期もあと約2ヶ月となりました。ここでは前期を通して行ってきたこと、そして後期に向けて行っていきたいと考えていることを述べたいと思います。

 @幹部就任時、Rits BLOHをもっと個人の情報共有を行い、様々な観点からリツブロ・各メンバーの成長につなげられる場にしたいと考えていました。前期の全体MTでは、各メンバーの特色を活かしたMTを行ってくることができたと思います。
 その上で、2007前期に行われてきたMTをもっと効果的に今後のリツブロに活かすために、リツブロHP上に勉強会ページを作成し、勉強会の内容や回生を超えた意見交換・感想、また各有志MTにおける反省点等も共有して、次につなげるものとしていきたいです。

 Aまた、今後もさらに他のCCやボランティアサークルとの知識・経験の共有を進めていきたいと思います。JCC関西合同イベントや、他国際NGOサークルとの合同イベントを積極的に進めていくことはもちろんのこと、前期にJCC関東合宿や合同ボランティアガインダンスに参加して得た他団体との繋がりを活かしていくために、いくつかの提案をしたいと思います。

  一、JCC関東はJCC関西よりもHFHJとの関係をもって活動することが多く、オフィスや大学院と協力して緊急時の支援に備えた勉強会・講習会を予定しています。全国にCCが存在するというHFHJの強みを最大限に活かすため、海外だけでなく国内の支援にも各CCが積極的に関わっていくことが関西においても重要であると思います。そのためにはまずは関東CCとの交流を促し、そして国内時緊急支援の講習会(一般)への参加を促して支援体制を形成していきたいと考えています。
 二、児童系のボランティア団体との意見交換会をすることで、学プレの改善につなげていくことができれば、と思います。似たような活動を行っている団体は国際系以外にも多くいることを再認識し、様々な観点から私たちの活動の改善に繋げていきたいと考えています。

 最後に、留学先の変更に伴い、最後まで幹部の任期を全うすることができることを伝えたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

JCC係・白石真実


 9ヶ月前の所信表明で述べたこと−『今のRits BLOHという枠組みだけにとらわれずに、誰もが広く活動できる場をつくっていきたい』−つまり一言でいうと、私はこのRitsBLOHを“広げる”ということを目標に9ヶ月間JCC係として、幹部として活動してきました。

―Q:その目標は達成できたか?
―A:…う〜ん、まだまだ。。。

 なぜなら、まだまだBLOHを広げたいと思うから。もっともっとみんなにJCCの良さを知ってもらいたいから。―他を見て己を知る。それがJCCの良さです。合宿や企画などで他チャプターのことを知り、それによってBLOHや自分の活動の良さ、足りないものが見えてきて、それが更なる躍進につながります。だからできるだけ多くの人にJCCで行う企画に参加してほしいんです!前期の活動を見ると、6月の合宿は参加者が少なかった…しかし!!7月のJCC大運動会は参加者も多く大成功に終わったと思っています!

 次は12月の合宿、そして12月に予定しているJCC合同外部企画チャリティイベントです!!私は今、このイベントの全体リーダーとして日々活動しています。このイベントはまだまだ未定のことが多く、不安なこともたくさんありますが、このイベントを準備していくにあたって、今まで連携の難しかったHabitatのジャパンオフィスや関東JCCともつながりができ、協力体制を築きつつあります。残りの任期はこのイベントを成功させることを第一の目標にがんばっていきます!みなさんも是非、JCCの活動に積極的に参加してみてください!!

広報・八木田貴史


 国際関係学部2回生・広報の八木田です。月日が過ぎるのは早いもので、幹部の任期も後3ヶ月となりました。今までを振り返り、残りの期間を全うできるよう、ここに所信表明を改めて書かせていただきます。

 広報としてのホームページ(以下、HP)作成は、自身の知識不足ゆえに周りに多大な迷惑をかけながらの出来となり、今でも悔いが残っています。恥ずかしいながら未完成な部分も多く、任期終了時までにはある程度の形まで仕上げることができれば、と考えています。

 HP作成時に「@内からの充実、A外への発信」をテーマとして掲げました。簡単に言えば「@もっとみんなが仲良くなれるようにHPが活躍できれば、AHPにより、もっと多くの人にリツブロを知ってもらいたい」ということです。前者に関していえば各プロジェクトのブログやコラム等を始めましたが、私たちにとってそれらが目標達成の絶対的なツールとはなりえないということに気がつきました。しかしながら補助的な役割としてのHPのあり方に今後も着目し、何らかの刺激をリツブロ内に起こすことができればと思います。後者に関していえば、HP作成は受動的な役割しか担うことができていません。能動的な広報を行うことができるチャンスであった写真展での広報不足等、反省すべき点が多々あります。10月末のチャリティイベント、11月の学園祭に向けては改めて、「外への発信」に尽力を注ぎたいと考えています。

 以上反省点ばかりですが、幹部評価アンケートにはHPが見やすくなった等の意見を多く頂き非常に嬉しかったです。しかしHP係ではなく、自身は「広報」であるという意識を忘れることなく残りの3ヶ月全力で取り組ませていただきます。ありがとうございました。


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー